がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

マスターピース MP-26 ロードレイジ レビュー

MP-26 ロードレイジ アイキャッチ

今回はマスターピース、MP-25 トラックスのリカラー・頭部変更品の
ロードレイジを紹介します。

MP-26 ロードレイジ
メーカー タカラトミー
シリーズ トランスフォーマー マスターピース
発売日 2015年12月
定価 ¥7,000(税抜き)

マスターピース初の女性トランスフォーマー アイテムとなります。

パッケージ

トラックスやラウドペダルと同じくGMのライセンス取得品です。
箱にはいつものビークルモードで入っていますが、
このロードレイジには残念ながらディスプレイスタンドは付属していません。

ロードレイジ付属品

付属品は左から、プラズマ・ディスチャージャー、レーザーラム、ツインキャストとなっています。

説明書とテックスペックカードが付属しています。

ロボットモード

このロードレイジ、現在刊行中のIDW 2019トランスフォーマーで登場します。
ノーティカのボディガードとしての設定が追加されました。

マスターピース内の設定で、
ロードレイジはサイバトロン星時代からハンドルを持つと性格が変わるタイプで、
その度にクランプダウンと衝突していたそうです。

地球上で捕まえた相手がまたロードレイジだったという・・。

全体像

姿はトラックスの赤でパーツ類が多少変更されています。

背面もトラックスと全く同じで、
横からの姿と、角度によってはスカスカな部分が目立ち残念。。。

トラックス同様、横の薄さとかをなんとかして欲しかった・・・・
最近の複雑になりすぎてマスターピースを触った後に変形等させると、
やはりこのくらいの時期のマスターピースは非常に安心できる、というのが実感できます。

足首は横可動しますので、大体のアクションはトラックス同様にできます。
腰や手首は当然回転できます。

プラズマ・ディスチャージャー 装着

武器のプラズマ・ディスチャージャー装備!
手首にちょうどハマるジョイントがありますので、それを使って固定できます。

ツインキャストが付属ということは、活躍するのはヘッドマスター時代ということですね。

ディスプレイスタンドを使うといろんなアクションが可能になります。

やはり上から見たときのスカスカ感が気になってしまう・・・。

ビークルモード

トラックス同様にシボレーコルベット・スティングレーC3のレッドになります。
さすがマスターピース、といった再現。

トラックス同様、ボンネットを開けることができます。

全体像

サイドミラーは相変わらずまだ取り付けていません・・。
スペアのサイドミラー合わせて2組あります。

さすが、ビークルモードのシルエットは良いです。

側面

正面・背面

フライトモード

元がトラックスですので、同様にフライトモードに変形できます。

ボディ裏にプラズマ・ディスチャージャーを取り付けて、
そこにディスプレイスタンドを取り付けます。

レーザーラム装着姿はこの通り、トラックスのフロントレーザー装着姿と同じです。

総評

人気キャラ、というわけではありませんので現在も入手は容易です。
最近のアニメに準拠し、変形が複雑化しすぎてしまった感のあるマスターピースとは少し違い、
破損しそうなパーツも多くなく、品質としても問題はありません!
最近のマスターピースの品質を考えると、
買うまできちんと変形できるかわからない、何かコツがないとまともに変形できない、
というものではありません。

興味のある方は入手できるうちに購入しておくといいでしょう!

トラックス アニメ準拠バージョンとかも出るのかな・・
個人的には全くいらないかな・・・