がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

トランスフォーマー COMBINER WARS メガトロン レビュー

COMBINER WARS メガトロン アイキャッチ

今回はCOMBINER WARSから、メガトロンを紹介します。

COMBINER WARS メガトロン
メーカー Hasbro
シリーズ トランスフォーマー PRIME WARS TRILOGY
発売日 2015年
定価 $49.99

G1を意識したメガトロンで、PRIME WARS TRILOGYのCGアニメシリーズとはまた異なる姿となっています。
昔のメガトロンをリーダークラスでリメイクした、というプロポーションで、
IDW版ともまた違った魅力のあるメガトロンとなっています。

なお、日本ではレジェンズシリーズ LG13 メガトロンで国内版カラーで発売されました。
COMBINER WARS、レジェンズ版共に現在も入手は可能なものです。

パッケージ

シルバー塗装されており、リーダークラスなため大きいです。

付属品は、説明書の他にキャラクターカード、ステッカーが。

オートボットのステッカーは、IDW版トランスフォーマーのDark Cybertron以降
オートボットになるので、それを再現するものになっています。
シルバーの本体に白のステッカーなので違和感しかないので使っていません・・・。

ロボットモード

眼に集光ギミックがあります。
いい具合のメガトロン顔で、戦車に変形します。

全体像

脚部が昔のトイを彷彿とさせる形状になっています。

キャノン砲はスプリングによる発射ギミック付きです。

造形が非常に良いんですが、その分可動範囲が大変小さくなっています。

腰回転はありますが、干渉してしまうため工夫が必要です。
手首にも回転があります。

キャノンは腕の上に固定する(ガルバトロンスタイル)か、起こして横に向けるかのどちらでも可能です。

武器にライフルも付属しています。

全体的にクリックがありますが足首の横可動などもないので、素立ちが一番です。

COMBINER WARSの次にTITANS RETURNとなりますが、
両メガトロンを比べるとかなり大きさに違いがあります。
コミックス内の描画に近いのは後者ですが・・・。

CGアニメシリーズの姿は、以下の姿なのでこれともまた異なります。(同じCOMBINER WARS)

CGアニメ版ではG1のようにオートボットとの対立はなく、
メガトロンとオプティマス プライムが協力し合いながらストーリーが進んでいく作りになっています。
それを再現する場合は、
このCOMBINER WARS メガトロンとPOWER OF THE PRIMES版オプティマスプライムが
良い組み合わせです。

POTP オプイティマスとの比較

劇中ではオーバーロード VS メガトロンの場面がありますので、
TITANS RETURNのオーバーロードとも大きさがちょうど良いです。

これでIDWのフェイズシクサーズもついてきてくれそうなサイズ感です。

ビークルモード

ビークルモードはここしばらくお馴染みの戦車に変形します。

ライフルを二つに分割して上部に装着します。

全体像

各パーツはしっかりロックされますので、
何かで外れる、ということはありません。

側面

正面・背面

砲台は360度回転するようになっています。

同じ戦車でもTITANS RETURN版は大きく異なります。

ちなみにキャラピラは軟質パーツです。

どちらが先に劣化するか。

軟質パーツメガトロン対決。

総評

リーダークラスということもあり、大きくそしてG1テイストが強めというプロポーション。
可動が犠牲になっていますが、肉抜きもなく、かなりかっちりしており
長く遊べるアイテムになっているかと思います。
同シリーズのアルマダメガトロンも基本は同じかと思いますので、
マスターピース並の大きさのメガトロンが欲しい方は後悔しないと思いますので、
是非入手してみてください。

商品名と画像が逆になってますので、気をつけてください。

トランスフォーマー  レジェンズシリーズ LG13 メガトロン

トランスフォーマー レジェンズシリーズ LG13 メガトロン

  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー