がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

トランスフォーマー スタジオシリーズ SS-17 ケイエスアイ セントリー レビュー

SS-17 ケイエスアイ セントリー アイキャッチ

今回は実写映画4作目でモブキャラとしてたくさん登場した、
ケイエスアイセントリーを紹介します。

劇中に登場した姿では実は赤がメインカラーとなっており、
ビークルモードもシボレー トラックスとなっています。

出典 https://tfwiki.net/wiki/KSI_Sentry

発売されたケイエスアイ セントリーは、
スティンガーのリカラー、劇中の頭部だけ再現アイテムとなっています。

SS-17 ケイエスアイ セントリー
メーカー タカラトミー・Hasbro
シリーズ トランスフォーマー スタジオシリーズ
発売日 2018年10月
定価 ¥2,800(税抜き)

海外品番ではSS-23ですがいつも通り国内外ともに仕様は同じです。

パッケージ

スタジオシリーズ共通の背景台紙は香港での戦闘地となります。
ケイエスアイボスと同じものになります。

ロボットモード

ロボットモードのほとんどがスティンガーと同じものですが、
頭部とカラーが異なるため、雰囲気が大きく変わっています。

もしかすると、モブキャラアイテムの中で一番ヒロイックでカッコいいかもしれません。

全体像

SS-17 ケイエスアイ セントリー 正面

頭部の後半分がクリアパーツになっていて、
集光ギミックがかなり目立ちます。
この光具合がまたかっこいい・・・。

SS-17 ケイエスアイ セントリー 背面

ボディはスティンガーのリカラーとなりますので、
スピンディスクを装着するパーツが余剰となってしまっています。
正面から見えない程度に折りたたんでおくと良いでしょう。

SS-17 ケイエスアイ セントリー 右側面

SS-17 ケイエスアイ セントリー 左側面

デラックスサイズながらもボリューム感がちょうどいい!

右腕に軟質パーツの爪が追加されています。
変形の都合で腰の回転がありませんが、いろいろ動かすことができます。

膝立ちしてもヒロイックな姿に・・。

うまくアクションができない場合は、
ディスプレイスタンドを使うと良い感じになります。

モブキャラでありながら、こんなカッコいいキャラいたかなと何回か確認しました。

劇中ではとにかくやられまくっていました。

ビークルモード

ビークルモードは、スティンガーのリカラーということで、
なんとモブキャラなのにパガーニ・ウアイラに変形します。

追加された爪の武器は、リア部に装着できます。

全体像

サイドミラーは軟質パーツでできてきます。

ビークルモードもロボットモードもカッコいいという、
なんてずるいアイテムに・・・

テールライトやエキゾーストの装飾などはなく、黒の成形色のみ。

側面

正面・背面

総評

モブキャラでいながらも青いパガーニ・ウアイラに変形、そして集光ギミック。
アクション性で腰が動かないなどの点はありますが、
ヒロイックで単純にカッコいい、という珍しいトランスフォーマーとなっています。
劇中に出てくる姿と大きく異なりますが、
スティンガーとも意外と別物になっていますので、
スティンガーを持っている方でも満足できるかと思います。
また変形もスムーズで、歪みなどもでき辛い構造になっていますので、 初めてスタジオシリーズのトランスフォーマー玩具としてもオススメできます。
まだ未所有でしたら、安くなっているうちに購入しておくのをオススメします。

トランスフォーマー SS-17 ケイエスアイセントリー

トランスフォーマー SS-17 ケイエスアイセントリー

  • 発売日: 2018/10/27
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー SS-35 ケイエスアイボス

トランスフォーマー SS-35 ケイエスアイボス

  • 発売日: 2019/07/27
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー SS-02 ディセプティコンスティンガー

トランスフォーマー SS-02 ディセプティコンスティンガー

  • 発売日: 2018/04/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー