がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

トランスフォーマー スタジオシリーズ SS-25 + SS-26 ジェットパワーオプティマスプライム レビュー

SS ジェットパワーオプティマスプライム  アイキャッチ

今回は国内版スタジオシリーズSS-25 オプティマスプライム、
SS-26 ジェットファイヤーが合体した姿、
ジェットパワーオプティマスプライムを紹介します。

それぞれの紹介については下記の記事を参照ください。

toys.gatancolle.jp

toys.gatancolle.jp

ジェットファイヤー合体準備

まずはジェットファイヤー全身を分解します。

ジェットファイヤー分解 その1

ジェットファイヤーの足をスライドさせて下半身から分離させます。
杖を折りたたむとオプティマスの腕に装着可能な銃に変形します。 ビークルモードの機種にあたる部分を外し分割します。

残った下半身と上半身を分離していきます。

ヒンジになっている部分を折り畳み、以下の形状に変形させます。

下半身は分解してこのくらいにしておきます。

上半身は折り畳み、
ビークルモードの主翼下についているパーツを組み合わせると、 大型銃となります。

オプティマスプライム合体準備

脚部を反転させ足裏を正面にします。

背面のタンク部分を回転して以下の形状に。

次に背面のこの位置にあるパーツを起こします。
ジョイントになります。

合体の流れ

上記まで準備しておけばあとは簡単に合体できます。

オプティマスプライムの足にあるジョイントをいくつか使って、
ジェットファイヤーの足を固定させます。

あとはジェットファイヤーの変形させた下半身を
オプティマスプライムの背面パーツのジョイントを使って固定し、
ジェットファイヤーの軟質パーツをオプティマスプライムの腹部に装着します。

分割した機種のジョイントを使って、オプティマスの両肩に固定します。

合体モード

ジェットファイヤーの斧は、背中に止めておくことができます。
必要に応じて取り付け等するといいでしょう。

全体像

ジェットパワーオプティマスプライムの姿になることで、
大きさ的にはリーダークラスサイズになります。

背面のパネルを好みに応じて開いてもいいかもしれません。

足は相当強くロックされますので、
外れる心配はありませんが、
オプティマス自身の関節が緩いと簡単に股から崩れます。

ジェットファイヤーの上半身を大型銃として利用する場合は、
下から手で持つ形になりますが、重量がかなりあるため、
倒れやすいです。

倒れてもカッコが付く様であればそのままでもいいかもしれません。

膝あたりのパーツにひっかけるか、ディスプレイスタンドを利用するのがいいでしょう。

合体後のサイズ感としては、
TLKシリーズのリーダークラスオプティマスプライムくらいのサイズ感です。
スタジオシリーズ リーダークラスのメガトロンくらいとも同じくらいの高さになります。

総評

劇中の可動ができるわけではありませんが、
(肩のパーツが回転してキャノン砲等にはならない、など)
以前玩具化されたジェットパワーオプティマスプライムよりも小さくても、
劇中再現度は抜群です。

オプティマスの足裏が膝になるのが違和感などあるかもしれませんが、
アップグレードパーツ(非公式)を使うなどでさらに再現度をあげることもできます。

SS-39 ジェットウイングオプティマスプライムを持っていれば、
ジェットファイヤーさえ購入してしまえば、パーツの差し替えで合体できます。
純粋にかっこいいので、ジェットパワーオプティマスプライム、オススメです!!!

トランスフォーマー SS-25 オプティマスプライム

トランスフォーマー SS-25 オプティマスプライム

  • 発売日: 2019/03/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー SS-26 ジェットファイヤー

トランスフォーマー SS-26 ジェットファイヤー

  • 発売日: 2019/03/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー SS-39 ジェットウイングオプティマスプライム

トランスフォーマー SS-39 ジェットウイングオプティマスプライム

  • 発売日: 2019/08/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー