がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

トランスフォーマー POWER OF THE PRIMES PP-18 ブラックウイング レビュー

PP-18 ブラックウイング アイキャッチ

今回はPRIME WARS TRILOGY、 POWER OF THE PRIMESからブラックウイングを紹介します。
元々はダークウイングでしたが、登録商標の関係でブラックウイングに名前が変更になりました。

POWER OF THE PRIMES PP-18 ブラックウイング
メーカー タカラトミー・Hasbro
シリーズ トランスフォーマー PRIME WARS TRILOGY
発売日 2018年07月
定価 ¥2,800(税抜き)

超神マスターフォースではハイドラーという名前で日本独自設定となっていましたが、
今回のリメイクでは日本設定ではなく、海外のダークウイング設定となっています。

現在発売中のIDWトランスフォーマー翻訳本でも一瞬登場しますが、
ドレッドウインドがエネルゴンを盗んで逃げたところ、クローントロンのパウンスに見つかり、
ダークウイングも盗んでたと言いながらシャープネルやニードルノーズに殺されバラバラにされたあとに
ニードルノーズに二人とも泥棒だ、と言われてました。

トランスフォーマー:インターナショナル・インシデント

トランスフォーマー:インターナショナル・インシデント

IDW版トランスフォーマーではあまり活躍していません。

パッケージ

ドレッドウインド同様に近所の量販店でいまだに半額以下で売られている悲しいアイテムの一つです。

ロボットモード

元はCOMBINER WARSのAir Raidとなっており、
そこからパーツ変更や塗装変更で再現されています。

COMBINER WARSアイテム流用のため、
合体ギミックがあり、ドレッドウインドと合体してドレッドウイングも再現できます。

見慣れたCOMBINER WARSアイテムの姿。

当時のダークウイングの特徴は十分再現されていますが、首の形状にいろいろと無理が。
プライムアーマーと武器のブラスター2丁付属しています。

可動範囲はCOMBINER WARSアイテムと同様で、
腰、肩の回転ありで、足首、手首は動きません。

POWER OF THE PRIMESのプライムアーマー付きキャラは、
武器として使う意外に、胸部にアーマーとして使うことができます。

同シリーズのプライムマスター等と組み合わせた方が楽しいかもしれません。

[

]

なぜ今回この二人がリメイクに選ばれたんだろう・・

ビークルモード

ビークルモードはジェット機に変形します。

ブラスターやプライムアーマーをビークルモードで、
下記の位置などに取り付けができます。

ドレッドウイング

G1当時の玩具でもできた二人の合体形状です。

ブラックウイングの頭が露出した状態に。
作り上仕方がありません。

5mmのピン一本だけで連携する形になりますが、
何かで支えていないとすぐ分解さしてしまうほど結合が弱いです。

全体像

角度によっては極端にデフォルメされた様にみえます。

G1当時の面影があるカラーと姿になっています。

側面

合体時の形態

脚部に使う場合の例です。

足首パーツは同シリーズのスタースクリームのものです

腕にする場合はこの形状に。

パッケージのイラスト通りに合体した例は、
POWER OF THE PRIMES スタースクリームのレビューを参照ください。

toys.gatancolle.jp

総評

COMBINER WARSからの流用アイテムですが、
これまで同様に合体等に利用することができます。
武器やある部分では造形も新規ですので、
純粋なCOMBINER WARアイテムとして利用することできますので個人的には良い買い物でした。

ただし日本独自展開の超神マスターフォースを期待している方は、
期待外れの商品になると思います。
リメイクとして、なら期待外れではありませんが、
ゴッドオンなどの機能の復活はHasbro側が取り入れない限り再現されないかと思います。

TF 2018 POTP [DX] ブラック ウィング

TF 2018 POTP [DX] ブラック ウィング

  • メディア: おもちゃ&ホビー