がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

トランスフォーマー SIEGE WFC-S12 メガトロン レビュー

WFC-S12 メガトロン アイキャッチ

今回はSIEGEシリーズに連携しているIDW版2019 トランスフォーマーコミックでも
中心人物として現在描かれているメガトロン(海外版)を紹介します。
今回もIDW版の解説をしながらレビューしていきます。

SIEGE WFC-S12 メガトロン
メーカー タカラロトミー・Hasbro
シリーズ トランスフォーマー WAR FOR CYBERTRON
発売日 2019年3月
定価 ¥5,500(税抜き)

G1アニメ劇中の姿を彷彿とさせながらも、
モダンなトランスフォーマーアイテムとなりました。
昔の玩具とことなり、ここ最近のメガトロンの特徴でもあるタンク・戦車に変形します。
このオルトモード(ビークルモード)はコミック版でも忠実に描かれています。

ロボットモード

リカラー・頭部変更品のGenerations Selects コンバットメガトロンは以前レビュー済みです。

toys.gatancolle.jp

基本的な可動などは同一となります。

正面の顔はもちろんですが、
背面のタンクを畳んだこの姿もコミックス内で正確に描かれています。
日本では展開されていないため、単なるリメイクに見えますが、
コミックス新シリーズで再構築されたサイバトロンの世界で、
新たに自分が良いと思う世界を作るために議員として活動します。

玩具のギャラクシーアップグレードオプティマスの中の人は、
コミックスではオライオンパックス、ということになっていますので、
メガトロンの友人で現在は考え方で異なることは多いものの、
二人が絡むシーンは非常に多いです。

サイバトロン星の外側に二人で行き、
語り合いながら帰ってくるシーンなど、完全にリメイクの域を超えていますので、
是非G1はG1として、国内設定は国内設定として脇に置いて、
現在のトランスフォーマーユニバースに目を向けてみてください。

いろんな計画を立てるために様々な行動をしていくのですが、
中でも昔と大きく違う代表的な場面。

サウンドウェーブは上院議員として活動中ですが、
メガトロンに激怒されて机を破壊されたりします。
細かい内容はコミックスで・・。
*ちなみにカセットレコーダではなくて玩具通り小さめな宇宙船として登場します。

ショックウェーブはまだ劇中では直接動いていませんが、
バリケードのためにシックスショットに依頼をします。

メガトロンに近づいて話されるものの、
後ろに下がって離れろ、とショックウェーブに言われてしまうメガトロン。
ショックウェーブ自身はこれから起きることを見ていろいろ判断したい、
これまでのIDWシリーズ同様に冷静な設定なようです。

 G1時代しかしらない人からみるとなんだこりゃ感があるかもしれませんが、

メガトロンの演説時などのセキュティ担当としてエリータ1とバンブルビーが。
二人ともこの時はオートボットでもディセプティコンでもありません。
この直後ディセプティコンのインシグニアをつけることになりますが・・・?!

2019 トランスフォーマー issue15ではジアクサスと、
行動に移していくような予告が・・!

エネルゴンで制御されている体から力を出すために制御を外すのかな・・?
issue15は戦争へ動き出そうとしている段階かと思われます。
前シリーズではマッドサイエンティストで、性別のないトランスフォーマーに改造を施し、

アーシーを作り、アーシーはG1のようなロマンスではなく、
アサシンとメスゴリラという組み合わせで登場しますが、
今回はすこし柔らかめなキャラ設定なのかもしれません。

ジアクサスは日本ではまったく馴染みのないキャラですが、
海外で展開されているトランスフォーマー正史ではかなり重要なキャラで、
オレンジ色のアルマダスタースクリームのリデコとして販売されました。
現コミックスにはなんとその玩具の姿で登場。。。!(うれしい)

さて、玩具のレビューに戻りましょう。

付属の武器はD50-R35 Fusion Cannon、HPR Telescopic Laserstrike Launcherで、
合体させるとNFM Particle Beam Megalauncherとなります。

手首の回転がありませんが、
その他の部位はSIEGEシリーズらしくよく動きます。

昔の姿を再現してみたり。。。

エフェクトパーツを使ってゼルダの伝説的なポージング!

武器を合体させた状態のNFM Particle Beam Megalauncherは
両手でも持つことができます。

両手をキャノンぽくしてみたり、など様々。

前シリーズのPrime Warsトリロジー、Titans Return版のメガトロンと比べると、
マッシヴなプロポーションになっており 大変軽快に動きます。
個人的にはもう一体購入して、
前シリーズ後半のオートボットのインシグニアに変わったメガトロンを作りたい・・。

コンボイ死す!のテレビマガジンのイラストも再現!
大変プレイバリューのあるメガトロンです。

ビークルモード

ビークルモードはサイバトロニアンタンク(戦車)に変形します。
最近では戦車タイプに変形するのがお決まりとなっています。

IDW 2019トランスフォーマー issue14の時点では、
右手のD50-R35 Fusion Cannonがない状態で変形します。
IDWの世界を再現したい方は武器を外して変形させましょう!

全体像

最近の戦車タイプに変形する中では、変形が簡単です。

個体によっては足のロックが弱いかもしれません。
プラリペアなどで少しロック部分を盛るといいかと思います。

側面

かっちりしてそうで実はそうでもないです。
ロックなどはキチンとされますが、
砲身が水平にきちんとならないとか・・(個体差の可能性)

正面・背面

総評

砲台はコンバットメガトロン同様に回転しますので遊べます。

G1時代のように銃に変形するものは、海外のご時世的に再現はできないかと思いますが、
メガトロンが嫌い!という方以外はマストなアイテムになるかと思います。
可動範囲もそれなりにあり、アクションも優秀。
それでいて変形させても楽しい、というトランスフォーマー玩具の基本が詰まっています。
国内限定設定の変なカラーとかにならずに各国共通になったのが個人的には嬉しく、
IDWトランスフォーマーファンも大喜びです。
メガトロンは売り切れるのがかなり早いため、現在は店頭で見ることもないかもしれませんが、
現在も購入は可能ですので、是非入手しましょう!

TF 2019 WFC シージ [VY] メガトロン

TF 2019 WFC シージ [VY] メガトロン

  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー シージシリーズ SG-13 メガトロン

トランスフォーマー シージシリーズ SG-13 メガトロン

  • 発売日: 2019/03/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー