がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

トランスフォーマー TITANS RETURN センチネルプライム レビュー

センチネルプライム アイキャッチ

今回はPRIME WARSトリロジーのTITANS RETURNシリーズから
センチネルプライムを紹介します。
現在のWAR FOR CYBERTRONトリロジーに連携した IDW版2019トランスフォーマーにも設定を新たにして、この玩具デザインのままで登場しています。
IDWトランスフォーマーファンはマストなアイテム!

センチネルプライム
メーカー タカラトミー / Hasbro
シリーズ トランスフォーマー TITANS RETURN
発売日 2016年
定価 $34.99

日本国内では未発売アイテムとなっており、
国内ではレジェンズシリーズでリカラー・頭部変更のアストロトレインが発売されました。
レジェンズシリーズで展開されていた漫画とIDWトランスフォーマーは、
全くの別物となっており、権利関係など色々問題がありますが、
トランスフォーマーの世界感でいうと日本国内だけガラパゴス化している、という状態。
このセンチネルプライム、そんな国内では実写映画のイメージしかない、
もしくはアニメイテッドのイメージしかないかもしれませんが、
少し解説をしながらレビューしていきます!

このセンチネルプライムはボイジャークラスとして発売されたアイテムです。

付属品はいつもの説明書とスペックカード、手持ち武器となります。

センチネルプライムのスペック値としてはこれくらいに。
同シリーズのオーバーロードは火力が20になっており、
アルファトライオンに関しては無限という。

ロボットモード

まずは簡単な解説から。
TITANS RETURNはPRIME WARSトリロジーの2作目にあたり、
IDWコミックスにかなり連動しています。

以下はウインドブレイドのレビューにも書きましたが、コピペで・・。

あらすじとしては、
地球上でメトロタイタンを目覚めさせオートボットシティとして機能することになります。
メトロタイタンは日本ではディセプティコンとしてメロトプレックスのリカラーで展開されていましたが、
国外ではコミックス等で、オートボットでオリジナルタイタン(タイタンとは超大型トランスフォーマーの事)の一人として
展開されています。
そのオプティマスプライムの功績を全宇宙に広めたいと考え、
タイタンはビーコンを宇宙に送り出すわけですが、
タイタンとテレパシーで交信できるタイタンマスター、
インフィニタス がメガトロンに殺されたはずのセンチネルプライムの体を使い、
アルファトライオンの首を切り、
オリジナルタイタンマスターのソブリンを目覚めさせてアルファトライオンの体を利用し、
オートボットシティにやってくる、という。

これに合わせてTITANS RETURNで展開された玩具、
デラックスクラス以上はタイタンマスターが付属するようになりました。
この玩具シリーズ、あまり評判はよくありませんでしたが、
G1玩具のリメイクもついでに行われた、という具合に。
センチネルプライムとアルファトライオン以外のほとんどのキャラは、
玩具のみのタイタンマスターとなります。

翻訳がなくても読める方は以下が上記内容を踏まえたコミックスになっています。
面白いのでお勧めです。

Transformers: Titans Return

Transformers: Titans Return

インフィニタス

タイタンマスターは小さく、そしてインフィニタスはオレンジ色ということで、
ものすごく撮りづらいカラー・・・。

腕を少しだけ動かすことができます。
国内ではe-HOBBY限定のコンボバットの頭部に流用されています。

コミックス内では、インフィニタス単体で行動し、
センチネルプライムの体だけでアーシー(IDW版では通称メスゴリラと云われる程強い)と戦っていました。

ウインドブレイドと異なり、CGアニメシリーズには登場しません。
コミックスのみとなります。

全体像

コミックスと連動しているだけあって、劇中とほぼ同じです。
2019年から設定を新たにスタートさせたIDW 2019トランスフォーマーでも現在登場中で、
この玩具デザインそのままで描かれています。

オレンジ強めなセンチネルプライム。
何気にトランスフォーマー玩具のメインライン、GENERATIONSで初めて玩具化されました。

背中には特徴的な羽が。
アストロトレインと同じではありますが・・。

センチネルプライムはこのほかにTitan Force、という限定パッケージにも付属しており、
そちらのバージョンはオレンジのクリアパーツと赤パーツに変更されたもので、
さらに撮り辛いカラーになっております。

パッケージ裏や宣材画像では足のパーツが反対側の形状になっており(変形時に回転できる)、
この形状か、宣材画像版のどちらでもお好みで良いかと思います。
コミックス内に登場する姿ではこちらの足形状になっています。

可動としては変形の都合もあり腰、手首回転などがありません。
そのためアクションがし辛いものになっています。

TITANS RETURNコミックス内のアルファトライオンを倒しにいく前の再現例。
この後センチネルプライムの本体はリモート操作で戦い、
インフィニタス自身はアルファトライオンの元へ向かいます。
その後・・・。(コミックスをご覧ください)

オートボットシティでオプティマスと対面するシーン。

武器は分離されて二丁にすることができます。
左手の銃にはタイタインマスターを乗せることができます。

可動として足首は前方向にあまり動かせないため、
普通に立たせるのが一番ベストかもしれません。

現IDW 2019トランスフォーマーでは、プライムとして演説したり問題解決などをおこない、
横にオライオンパックスが立っているシーンを再現。(ギャラクシーの中の人はオライオンパックス設定になっている)。

TITANS RETURNのボイジャークラスアイテムのほとんどに、
頭の横パーツが飛び出して変形するギミックがあります。

タイタンマスターをセットして。。。

胸部下にある灰色のパーツを押すと頭の横のパーツが飛び出して
ロボットモード完成!となります。

ビークルモード

トリプルチェンジャーになっており、
シャトルと電車のように見える戦闘タンクに変形します。

シャトル全体像

タイタンマスターは、黄色のコックピットに乗せることができます。
コミックス内でもこの状態で飛び立つ姿が描かれていました。

もちろん閉じることができます。

説明書に記載がありませんが、羽と腕をしっかりロックさせる必要があります。

戦闘タンク全体像

アストロトレインにも使われていますので、
電車っぽいのりものがベースになっています。
が砲台などの形状があったりしています。

縦長で大型な形状に変形します。

車輪のようなモールドがあります。

総評

トランスフォーマーのアイテムとして可動が厳しめなアイテムとなっていますが、
センチネルプライムの発売はこれまでありませんでしたので、
トランスフォーマーファンなら誰もが心が揺れるアイテムかも・・・。
トリプルチェンジャーでプレイバリューも高めで、満足度が高いです。
現在入手はオークションか、BBTSなどから購入するくらいしかないかもしれませんので、
欲しい!という方はそちらから注文すると良いと思います。