がたんこ!トランスフォーマーレビューブログ

トランスフォーマーのレビューを中心に、IDWトランスフォーマーコミックスなどをお届けするブログです。

トランスフォーマー スタジオシリーズ SS-25 オプティマスプライム レビュー

SS-25 オプティマスプライム アイキャッチ

今回は実写映画一作目に登場したオートボットのリーダー、
国内版オプティマスプライムを紹介します。
これまで多くのシリーズで様々なバージョンが発売され、
スタジオシリーズでもSS-05から仕様を変えて2度目の発売となりました。

SS-25 オプティマスプライム
メーカー タカラトミー
シリーズ トランスフォーマー スタジオシリーズ
発売日 2019年03月
定価 ¥4,500(税抜き)

SS-05からジェットファイヤーと合体のためのジョイントや、
付属品がエネルゴンソードからイオンブラスターへ変更、
胸部などのパーツが大きく変更されました。
ボイジャークラスでの発売となり、
ジェットファイヤーと合体するとリーダークラス並みのボリュームとなります。

海外版ではSS-32がこのオプティマスプライムで、
SS-25は24 and 25 Deluxe Class Bumblebee 2-packのTLK版バンブルビーとなります。

ロボットモード

MPMシリーズのオプティマスプライムはいろいろな問題を抱えていたため未購入、
ジェットファイヤーと合体できるこのSS-25が出るまでオプティマスは買っていなかった為、
SS-05版は未所有のため比較はできません。

劇中での頭部は以下。

出典 https://tfwiki.net/wiki/Optimus_Prime_(Movie)

塗装箇所は少なめとなっていますが、造形自体は近い仕上がりになっています。
エナジーソードのためにSS-05購入しようかな・・・

胸部もしっかりとモールドが。
全身としては成形色が多めになっています。

全体像

SS-25 オプティマスプライム 正面

正面からの見た目は、
かなり劇中の姿を再現している印象です。
塗装などは寂しい感じがしますが、単体で見ても不満というものは特になし!

SS-25 オプティマスプライム 背面

劇中の背中の特徴は伝わってくる作りになっていると思います。
きれいにパーツが格納されています。

SS-25 オプティマスプライム 右側面

SS-25 オプティマスプライム 左側面

側面は、変形時の処理で背中に空洞ができていますが、
実際にはほとんど気になりません。
個人的にはどこから見ても実写版のオプティマス!

イオンブラスターを構える

付属のイオンブラスターは少し簡略化されている様な造形に。

雰囲気は十分!

イオンブラスターの裏側は肉抜き処理になっています。

利用しない場合は、背中にマウントしておくことができます。

合体前提のためか、関節等は調整しなくてもそれなりにかっちりしており、
バランスを取れば片足も余裕なくらいで、緩い箇所はあまりありませんでした。
緩くなりそうな箇所はネジになっていますので、
ありがたい作りに。

可動範囲は単体でかなり優秀です。

膝立ちも簡単。
劇中のいろんなシーンを再現できます。

腰の回転、太腿・手首・腕の回転、足の横可動とパーツが干渉しない範囲で
よく動きます。

森での戦いっぽい感じで。

やめろーーー、お前は弱いやつだのシーン

メガトロンにやられるシーンもそれっぽく。

Revenge of the Fallen公開時のFallenを使って
my Matrix のシーンも。

Fallenはスタジオシリーズでリメイクされないんだろうか・・・。
やられるシーンをたくさん再現できます。

I am Optimus Prime, and I send this message to any surviving Autobots taking refuge among the stars.
We are here. We are waiting.

とピーター・カレン氏の声が聞こえてきそう。。。!

ビークルモード

劇中のビークルモードでは1994 Peterbilt 379 Semi-Truckに変形します。
スタジオシリーズのこのアイテムではライセンスは特に記述されていないため、
あくまで近いもの、という扱いでしょう。
このオプティマスは1作目のものですが、煙突が短いです。

筆者の持っている個体はフロントグリルの組み合わせが緩いものでした。
特に気になる様な状態ではありませんのでそのままに。

全体像

Peterbilt 379の雰囲気は十分あります。
SS-05と比べると、ビークルモードはいくつか再現が省略されているそうです。

個人的には
特徴でもあるボンネットっとファイヤーパターンがそれなりにあれば満足!

タイヤ部分のパーツのジョイントが甘いものがおおいのか、
いろんなレビューサイトや動画などをみると、
片側だけ浮いてる状態のものがあったり、
プラスチックの材質が柔らかいものになっているので、
ある程度は仕方ないのかもしれません。

変形ステップ数は多めですが、何回か変形させるとすぐに慣れます。

側面

横から見るとロボットモード時の肩パーツが丸見えだったり、
乗降時のステップももうちょっとなんとかできたのではないか、という具合。

正面・背面

劇中のビークルモードと比べると、
フロントガラス上部にあるはずの照明器具がなくなっていたりします。

テールライトなどの塗装はなし。

足裏を合わせてカプラとなります。
ジェットウィングオプティマスプライム(国内品番SS-39)のトレーラーを牽引することができます。

イオンブラスターはこの位置に取り付けできます。

せっかくのオートボット インシグニアは銀一色となっています。
残念!

総評

ビークルモード時に残念な箇所がいくつかあるものの、
ロボットモード時の可動や、再現度はさすがスタジオシリーズといったところ。
ジェットファイヤーとの合体が可能な当時品はプレミアム価格になっている場合もあり、
それが今回のシリーズで可能ということは非常に大きいかと思います。
ただ短い間でSS-05から新規造形部品に変わったものがすぐ出てしまった、というのが
残念でもあり、複雑なところでもあります。
このSS-25 オプティマスプライム自体は非常に良くできていますので、
実写映画ファンにはマストなアイテムでしょう!
SS-30オプティマスと一緒に是非並べてみてください。

トランスフォーマー SS-25 オプティマスプライム

トランスフォーマー SS-25 オプティマスプライム

  • 発売日: 2019/03/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー SS-39 ジェットウイングオプティマスプライム

トランスフォーマー SS-39 ジェットウイングオプティマスプライム

  • 発売日: 2019/08/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー TLK-15 キャリバーオプティマスプライム

トランスフォーマー TLK-15 キャリバーオプティマスプライム

  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー SS-30 オプティマスプライム

トランスフォーマー SS-30 オプティマスプライム

  • 発売日: 2019/04/06
  • メディア: おもちゃ&ホビー

トランスフォーマー SS-05 オプティマスプライム

トランスフォーマー SS-05 オプティマスプライム

  • 発売日: 2018/04/21
  • メディア: おもちゃ&ホビー