がたんこ!

トランスフォーマーレビューを中心に、ダイキャストモデルカー、Nゲージ等のレビューをお届けするブログです。

トランスフォーマー SIEGE WFC-S42 オートボット インパクター レビュー

オートボット インパクター アイキャッチ

今回はWar for Cybertron SIEGEシリーズで、
Fan-Voteで選ばれたオートボット インパクター、単体発売の通常版(国内発売版)を紹介します。
日本版のナンバーはSG-36となりますが、
付属の説明書はWFC-S42のままになっています!

WFC-S42 オートボット インパクター
メーカー タカラトミー
シリーズ トランスフォーマー War for Cybertron SIEGE
発売日 2019年11月
定価 ¥3,500(税抜き)

米Amazon限定 Deluxe Fan-Vote Battle 3 Packのディセプティコンバージョンのインパクターについては、
以前のレビューを参照ください。

toys.gatancolle.jp

今回のオートボット インパクターは可動範囲は全く同じものです。

SIEGEシリーズ共通のパッケージです。

パッケージにFan Voteで選ばれたということが書かれています。

パッケージのインパクターはマーベル版っぽいイメージで描かれています。

ロボットモード

マーベル版のインパクターといえば、
ゾンビ化してしまうストーリーが有名で、
サイバトロン星を救うために二度死んでしまう、というキャラです。
IDW版と共通してレッカーズであることは変わりません。

オートボット インパクター頭部

頭部は昔のマーベル版トランスフォーマーシリーズに登場する姿に近い形状です。

ディセプティコンバージョンのインパクターと、
一部カラーリングが異なるのと、
頭部がIDW版かマーベル版か、くらいですが、
肩のキャノンのアクセント的な塗装と、シルバーのカラーがなくなっています。

頭部以外の形状の違いはありません。

マーベル版のゾンビになった姿をイメージしたポージング・・!

出典 https://tfwiki.net/wiki/Impactor_(G1)

ロボットモード比較

左がオートボット版、
右がディセプティコン版です。

ディセプティコン版はオートボットとディセプティコンとの戦争前のカラーになっており、
オートボット版は現在のIDW版に近いカラーです。
といっても微妙な違いですが。

後ろ姿は頭部以外の違いはなし。

個人的にはIDW版の頭部の方が好みです。

オートボット版の方がヒーローっぽい雰囲気が感じられます。

ビークルモード

IDW版ではお馴染みのサイバトロニアン戦車にトランスフォームします。
ビークルモードはディセプティコンバージョンとの形状の違いはありません。

全体像

側面

ビークルモードのまとまりは非常に良いですね。

砲台の回転ももちろん同様にできます。

ビークルモード比較

左がオートボット版、
右がディセプティコン版です。

微妙にカラーが異なるくらいの違いです。

SIEGEの可動範囲の良さと、造形の良さはもちろん、
待望のインパクター!という方は満足いく出来になっていると思います。
頭部の形状に思い入れがない方はオートボット版、ディセプティコン版どちらか
入手できれば良いと思います!
Wreck and Rule!!

トランスフォーマー シージシリーズ SG-36 オートボット インパクター

トランスフォーマー シージシリーズ SG-36 オートボット インパクター

トランスフォーマー:ラスト・スタンド・オブ・レッカーズ

トランスフォーマー:ラスト・スタンド・オブ・レッカーズ

  • 作者: ニック・ロシェ,ジェームズ・ロバーツ,グイド・グイディ,石川裕人,坪野圭介
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2019/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る