がたんこ!

トミカ、トランスフォーマー、プラレール、Nゲージなどを中心にレビューをお届けするブログです。

トランスフォーマー Generations Selects スターコンボイ レビュー

レビュー: トランスフォーマー Generations Selects スターコンボイ

スターコンボイ アイキャッチ

予約していた方の元にはもう到着したのではないでしょうか?
今回はトランスフォーマー Generations Selectsシリーズ スターコンボイの紹介です。
Generations Selectsシリーズは海外版ではいくつか既に発売されていますが、
日本では初めての発売となります。
配送連絡が来るまで予約していたのを忘れていました・・・。

トランスフォーマー Generations Selects スターコンボイ
メーカー タカラトミー
シリーズ トランスフォーマー Generations Selects
発売日 2019年9月(タカラトミーモール限定)
定価 ¥9,180(税込)

スターコンボイ自体は1991年、リターンオブコンボイというシリーズでトランスフォーマーZの続編で、
テレビアニメ等では放送されておらず、日本独自企画の商品でした。
スカイギャリーとグランダスというキャラとビークルモード時に連結することができました。
懐かしい・・。
当時はデストロンのキャラは発売されませんでした。
スーパーメガトロンはまだ発売されないのでしょうか・・・!

海外のGenerations Selectsシリーズも輸送時にこの様な箱に入ってます。

スターコンボイ スリーブケース

スリーブケースが付いており、日本独自感があります。

スリーブケースの中はいつものGenerations Selectsライクな箱です。

これまでのGenerations Selectsシリーズとの箱比較。
左から、Generations Selects Ricochet(パワーオブザプライム ジャズのリカラー)
Generations Selects スターコンボイ、
Generations Selects Combat Megatron (シージシリーズ メガトロンのリカラー)

今回のスターコンボイは、
パワーオブザプライムシリーズ オプティマスプライムのリデコアイテムになります。
パワーオブザプライムのオプティマスやネメシスプライムと異なり、
ビークルモードで中に固定されています。

スターコンボイ パワーオブザプライムシリーズとの箱比較

日本発ということもあり、説明書が海外発のGenerations Selectsよりも
内容が丁寧です。

ビークルモード

マトリクスとコンボイガンはビークルモード時に収めることができるので、
パーツが余ってしまう、ということはありません。

元のオプティマスプライムからカラーが少し異なります。
オリジナルのスターコンボイっぽい色味です。

ビークルモード キャブ

斜め前からの見た目

スターコンボイ キャブ部

f:id:gatanco:20190930021659j:plain

f:id:gatanco:20190930021715j:plain

f:id:gatanco:20190930021753j:plain

横から

f:id:gatanco:20190930021844j:plain

f:id:gatanco:20190930021913j:plain

スターコンボイ キャブ部 前

スターコンボイ キャブ部 後

コアロボット

パワーオブザプライムシリーズ オプティマスプライムのコアロボットは、
オライオンパックスでしたが、スターコンボイのコアロボットはコンボイとなります。

スターコンボイ コンボイのバストアップ

目は黄色となっています。

スターコンボイ コンボイ 前から

スターコンボイ コンボイ 後から

コアロボットの形状自体はさほど大きく異なる、ということはないですが、
肉抜きが少し改善されています。

届いたスターコンボイのコアロボットの関節等は比較的安定していて、
緩い、ということはありませんでした。

スターコンボイ コンボイ ブラスター両手持ち

コンボイガンを分割して両手で持つことができます。

コアロボット比較

トランスフォーマー シージ ボイジャークラス オプティマスとの比較

スターコンボイ コンボイとシージシリーズ比較

サイズ的には同等です。

トランスフォーマー タイタンズリターン ボイジャークラス オプティマスとの比較 スターコンボイ コンボイとタイタンズリターンシリーズ比較

タイタンズリターン版は個人的にもお気に入りです

スターコンボイ本体

パワーオブザプライム オプティマスプライムと同様にトレーラーと合体することで、
スターコンボイとなります。
相変わらず足の下駄っぽい関節が緩めでした。

合体!
当時のスターコンボイの様な電動ギミックはないので、
足が分離していて良いです。
プロポーション自体は元のオプティマスプライム型の良さをそのままに、
まさにスターコンボイ!というプロポーションで、
非常に良いです。

頭部の造形も素晴らしいです。

スターコンボイ 頭部

頭部の可動範囲自体は左右に動くくらいです。

全身は次の通りです。

スターコンボイ 前

スターコンボイ 後

後にフィギュアスタンド用の穴が空いているので、
足が安定しない場合は、スタンドを併用するといいでしょう。

パワーオブザプライムシリーズの他リーダークラスと比較

ロディマスユニクロナスとの比較

海外のプライムトリロジー(CGアニメシリーズ)でお馴染みのロディマスユニクロナスと

同じくプライムトリロジーに登場するオプティマルオプティマス(スローンオブザプライムカラー)

大きさは同じです。
パワーオブザプライムのリーダークラスはどれも本当に良いですね。

スターコンボイの星部分について

うまくハマってくれない、という場合は、
コアロボットの窓の部分をかっちりはめずに、
少し緩めにして、シンボルでもある星の部分で押す様にはめ込むと
しっかり固定されます。

無理に抑えつけようとすると破損する可能性があるため、
星の根元の部分を持ってロックすると良いかもしれません。
筆者のものは特に不具合は見受けられませんでした。

最後に、近年のトランスフォーマー製品は、
国内版でも海外版でも大きな違いはほとんどなく、
どちらを購入しても個体差が大きかったり、
最初からプラスチックが白化してるものが多かったりと心配なことが多く、
今回も届いて実際に目で見るまで心配でした。
値段が多少上がってもやはり品質の部分において、もうちょっとしっかりしてほしい、
というのが正直なところですが、
今回のスターコンボイというアイテムに関してですと、
パワーオブザプライムのオプティマスリデコということもあり、
非常に完成度が高く満足です。
タカラトミーモール限定アイテムですが、
もう少し待てば海外から購入することもできますので、
それから入手でも遅くはないのではないかと思います。

購入した方は大事にしておきましょう!

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-43 スローンオブザプライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-43 スローンオブザプライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-40 ロディマスユニクロナス

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-40 ロディマスユニクロナス

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-09 オプティマスプライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-09 オプティマスプライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-42 ネメシスプライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-42 ネメシスプライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-27 オプティマルオプティマス

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-27 オプティマルオプティマス

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-08 ロディマスプライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-08 ロディマスプライム